リニューアルオープン!


by jownyanko


10月4日
母が 永眠しました。



朝、仕事に行く前に見たときには、ほんのりとピンク色だった母の頬は
連絡をもらってすぐに向かった時には、
すでに黄色く血色が悪くなっていました。

だけど、まだ、温かさが残っていました。



2月1日に入院をしてから、翌日に意識を失い、
気道切開をし、ペースメーカーに頼って生きてきた母。

いつも、
しんどいよね、お母さん、辛いよね、もういいんだよ、無理しなくても。

そう思っていました。

だけど、もういいんだよ という言葉は、
奇跡が起きて意識を取り戻すことを信じている父の前では
決して言うことはできませんでした。


ペースメーカーを入れたころ、母はまだ奈良に住んでいて、
あーちゃんが生まれて1年くらいだったでしょうか。

就寝時は 30そこそこしか打っていなかった母の心臓。

入院中に見る母の心電図は規則正しく いつも 60 を示していました。

いつのころからか、心房細動の波形が見られるようになり、
不整脈が頻繁に出るようになったのは、まだ一つ目の病院にいたころの事。


何度かもうだめかもしれないという事態に陥った時、
「お父さんが寂しそうだよ、お母さん、目を開けてあげて」
と話しかけました。

母はあたしの声が届いたかのように、持ち直していました。


9月の初旬、母の血圧がぐっと下がり、
主治医からは、今日か明日には…と言われました。

その時も「お父さんが寂しそうだよ」と話しかけると、
夜には血圧がぐっと上がり持ち直したのです。

きっと父の事が心配だったのだろうなと…。




こちらに同居するようになって8カ月、それから入院期間も8カ月。

母は あたしに、十分とは言えませんが、
親孝行をする時間と、覚悟をする時間を与えてくれました。

家の中で転倒して手首のあたりを骨折し、一緒に入浴するようになったり、
買い物ついでに歩くリハビリをしようと出かけたり。

もしも、これらの事全てが、離れた場所にいた時に起きたことならば
あたしはいろんなことを後悔し、悲しみ、今も笑っていなかったかと思います。


だけど、悔いなく、見送ることができたと思っているんです。

もちろん、もっといろんなところに連れて行ってあげたかったとか、
おいしかったと言ってくれた料理をもっと食べてもらいたかったとか、
ないわけではありません。

でも、母のそばにいてあげられた事は、一番の親孝行だったんだと思います。

そして、あたし自身にもよかった事なんだと。



入院期間が長かったことで、突然家から居なくなったという感覚は薄く、
どちらかといえば、まだ どこかの病院に入院しているんじゃないかなと
思えてくるほどです。

母はあたしや父の悲しみを和らげるために、
あれだけの間頑張って闘病してくれたんじゃないかなって、、、

お葬式の時に棺に入った母の頬をなでながら、
もう二度と母という存在に触ることはできないのだと思った瞬間が
一番つらかった。

冷たくなっているけれど、まるで眠っているような顔。


子供たちの ばあばへの手紙を電報と一緒に読んでもらいました。

「病院でもしんどかったね、治ると思ってたのに 死んじゃったね。」

子供たちの目にも 病院での母が辛そうにしんどそうに映っていたんだと
その時、思いました。


自宅のソファーでテレビを見ているうちに
うつらうつらと寝てしまった母を見ていて、
生きているのがとてもしんどそうだなと思ったことがありました。


今の母の魂は どうだろう?
今は安らかな所にいれるのだろうか?
身体的なしんどさからは解放されているのだろうか?

ついつい そんな風に考えてしまいます。





心配してくださった皆さん、
あたしは今、笑えていますよ。

母を想い、泣く事もあるけれど
様子を見に帰省してくれた友人や
その他たくさんの友人、職場の人たち、
そして家族。

みんなが 心の支えになっています。


そして、あたしには、支えていかなきゃいけない 父がいます。
だから また パワーを持つことができます。


男が残ると 駄目だね。
父は 本当にしょんぼりしてビールの量も増えたように思います。

でもマイダーリンや子供たちも じいじを盛り上げてくれています。


きっと 母も 安心してくれているでしょう。



親孝行はいくらやっても満ちることはないんだと思います。

これからもっと、父にも親孝行をしなくちゃね。


おかあさん、見ていてね。
[PR]
# by jownyanko | 2011-10-25 00:08 | 日々思う事

はじめての日記1

e0181372_5561596.jpg

[PR]
# by jownyanko | 2011-06-09 05:56 | こども

はじめての日記2

e0181372_5551258.jpg

[PR]
# by jownyanko | 2011-06-09 05:55 | こども

はじめての日記3

あーちゃんの初めての 日記だそうです。
e0181372_5535970.jpg

[PR]
# by jownyanko | 2011-06-09 05:54 | こども

いろんな子

内容としては、かなり憶測をふくんでいるのですが。


隣接する地区に入ってすぐの所に住んでいるタンタンのある同級生が休みの日、いつも朝8時前から自転車に乗ってあちこちをうろうろとしているのを見かけます。

うちやお隣の家に遊びに来てはかなりはしゃいでいます。
ただ、他の子供とちょっと異なることがあります。
話しかける相手は大人の方が多いんです。

前から何となくそう感じていました。
必死になってマンホールについて知っていることを語ったり、わざと派手に転んで、オーバーアクションをとってみたり、と。

お隣のママもそれは感じていて、ただ、そこのお宅は一学年下の女子なので、その子自体があまり一緒に遊びたがらないのですが、それでも毎週のように遊びに来たがります。
夏休みなどの長期休暇中は、ほぼ毎日現れたそうです。

我が家は休暇中も子供たちは学童保育などで自宅にいないので、そこまで困ってもいなかったのですが、遊びに来れば、のどが乾いた~と言い、アピールし、わりとずうずうしいタイプの子供だと思っていました。


今日も付近をうろうろとしていた彼。
畑仕事の手伝いをすることになっていたので、我が家の子供たちは草引きという名の虫遊びをしてから、一緒に遊ぶことになりました。

今日もやっぱりお隣のお宅で遊ばせてもらっていた彼、またまたのど渇いた~と言っているので、よそのお宅に来た時はちゃんとお水を下さいとか言わなきゃだめよと言いました。
素直に「お水下さい」と言えたので「偉い偉い、ちゃんとありがとうもね。」と言うと、にこにこしながら「ありがとう」と言っていました。

あたしがおやつのクリームパンを持っていくとたいそう喜び、あっという間に平らげ、ごちそうさまとありがとうをちゃんと顔を見ながら言ってくれたのでした。


その後、子供たちがばらばらに遊んでいたとき、すっと彼は近寄ってきて、あたしの肩に手を置いて膝にすわろうとしたんです。
つまずいて転びかけて未遂に終わったのですが、あれは間違いなく、座ろうとしたんだと思いました。


本当に憶測ですが、、、大人からの愛情に飢えている  そんな感じを受けたんです。

聞けば、自宅でお母さんが何かのお仕事をしているとか。
おそらくエステ?か何かをしているような様子です。
帰りたくないのか帰れないのか、いつも夕方遅くまで遊んでいます。


今までは、よくいるずうずうしい子だなぁと思う位で、あんまり真剣に彼の言動について考えたことがなかったのですが、あの瞬間、え?と思うのと、頭をなでてあげたくなるような気持ちとが混ぜこぜになって、その後はお隣のママと彼の話をたくさんしました。

考えてみれば、彼は「そんなことしちゃダメだよ」と注意をしても、声をかけてもらえたのが嬉しいという顔をしていました。
それを繰り返していけば、彼は注意をひきたくて悪い事をたくさんするようになるかもしれません。

だから、近所の同級生の親であっても、悪い事は悪い事だときちんと注意し、それをちゃんと守ったり他の子供に優しくできれば褒めるという、我が子にするようなことをすればいいのかなと思いました。


彼のお宅の事情や、彼の心情は、憶測でしかありません。
でも、ご近所関係の希薄な時代、お節介なことでも、子供は地域が育てなきゃいけないんじゃないかなと思うのです。


決めつけてかからず、シャットアウトしないで、長い目で見ていこうかなと思いました。
[PR]
# by jownyanko | 2011-06-06 00:22 | こども

なんとなく

e0181372_021567.jpg書きたかったことは  わかるよ、タンタン。
[PR]
# by jownyanko | 2011-06-04 00:02 | こども

あれからの父

ご心配をおかけした父は、あれから幻覚を見ることもなくなり、

ただ、体力が落ちた感じがありますが、、、

それでも、ときどき、母の病院へも行けるようになりました。


母の入院先の看護婦さんはじめヘルパーさんや主治医までもが、父を気遣ってくれて
無理しないうちに帰るように言ってくれています。


おかしなことに、ジュニアが天国へ旅立ち、いなくなって以来、
今まで一度も父になついたことのなかった 猫のじょーが、父に近寄るようになりました。

癒しているつもりなんでしょうか?



そして、6月3日の今日、父は76歳になりました。


ケーキを買い、ハッピーバースディをあーちゃんがピアノで弾き、みんなで歌いました。

母にもしてあげたかったな。



庭の草が伸び始めました。
また父が無理をするのではないかと、、、心配です。。。。。
[PR]
# by jownyanko | 2011-06-03 23:30 | わかんない

もうひとつの出来事

老犬ジュニア、17歳。
昨年の猛暑とこないだまでの冬を乗り越え、毎日、父と一緒に散歩をしていました。

父が入院してから、あたしが時間を見つけ遠くまで散歩に出たり、ダーリンや姑さんまでもが老犬ジュニアの世話を手伝ってくれました。


白内障で眼は全く見えておらず、首をいつも傾げた状態で、これまた全く聞こえていない耳のせいで、いくら呼んでも昔のように尻尾を振ることはありませんでした。


父が退院して帰ってきたのは、夜8時頃。
病院からそのまま帰らず、母のところに寄りたいと言うので、寄り道をして帰りました。


ジュニアは父が帰るとそれまでワンワンと鳴き続けていたのですが、安心したのかしばらくすると静かになりました。




そして、気がつくと、
天国へ旅立っていました。




あぁ、きっと 父が帰ってきてくれるのを 待ってたんだね・・・




日中、父は一人きりになりました。
だけど、ジュニアがいればフラフラしていても、無理して散歩に行ったことでしょう。
そして、またストレスがかかることになったかもしれません。

ジュニアは父に無理をさせまいと、気を使ったのかな。


ジュニアが旅立ったこと、悲しいけれど、
でも、今の父には、散歩の相手が必要なのかなと思っています。



雨の降る夜でしたが、ダーリンがお墓を作ってくれました。





ジュニア、今まで父のこと、ありがとうね。
天国でさくらと再会したかな。

父のこと、見守ってね。
[PR]
# by jownyanko | 2011-05-27 00:10 | 出来事

父への想い

父が入院中、一番辛かった時期は、さまざまな幻覚を見ていた時でした。

ベッドで横になっているので 当然、見えるのは天井。
うとうととしていた父が眼を開けて、言いました。

「あ、お母さんが来た、意識が戻ったんかな。」

その頃、父は、家にいるのか病院にいるのか、混乱しあやふやでした。
そして、まともなことをいうときと、幻覚を見ているのか意味不明なことをいうときとが まだらになっている状態でした。

「お父さん、今寝てるでしょ?今見てるのは天井だよ。」
「だって、あれ、お母さんがあそこに立ってる。」
「お父さん、天井にお母さんが立ってたら、おかしいやろ?」
「うーん、じゃぁ、幽霊かな。」

いえ、母は生きてます。
そう、真剣に思いながら、でも、今こうやって父の正気をただそうとするのは意味がないのかなと考えていました。

「ああ、ジュニが・・・あれ、膨らんでもうた…、あれ、天井まで浮かんでる。」

ジュニとは、犬のジュニアのことです。
病識が欠落し、治ったつもりでいる父は家に帰ると言い立ち上がろうとするのですが、とてもじゃないけれど、帰宅させるわけにはいきませんでした。

「お父さん、ジュニが膨らんで天井に浮かんでるうちは家には帰れんよ、そんなこと起きたらおかしいやろ?現実的に?」
「・・・・・・・・・。あ、しぼんできた。」

しぼむんだ・・・。

どうにか父が起き上がろうとするのを抑え、見えない箸が落ちたから取ってくれなどと何度も聞いているうちに、「もう拾った。」とか適当な答えを返しながら、夢うつつの父が、現実の世界と夢の世界を行ったり来たりするのを、ただ見ているしかありませんでした。


あまりにも、何度も意味のわからないことを言い、悲しくなり、

「お父さん、夢と現実がごっちゃになってるよ。」

となだめました。その瞬間の父は現実世界にいて、これまたやはり悲しそうに

「・・・ほうか、ボケてしまったんかなぁ。」

と言いました。
涙が、出ました。
父の意思とは無関係に見る幻覚が、父に意味不明なことを言わせているのもわかっています。
だけど、子として、父を見て、その姿を受け入れ難く、否定してしまったんです。

うつろな目であたしを見ていた父の手をぎゅっと握り、今まで流したことのない涙が出ました。

「お父さん、お母さんはもうしゃべれなくなっちゃったんだよ、お父さんがしっかりしてくれてないと、あたし困るよ、一人にしないで。」

あたしは、けっして一人ではありません。
ダーリンもお姑さんも子供たちも、友人も、仕事仲間も、みんないます。
でも、親は二人だけです。
父には、もっともっと、元気でいてもらいたいと本当に思うのです。


病院でかなり幻覚を見て、ベッドから抜け出そうとするため、月曜日の夜、急遽、退院となりました。
自宅に戻ったほうが、精神状態は回復するだろうという判断だったのですが、このまま戻っても大丈夫なのか、最初はとても不安でした。

その後、火曜日、水曜日と、自宅で過ごした父は火曜日は眠ってばかりでほとんど物が食べられず、水曜日はほんの少しの食事、今日はまずまずの量をとりました。

そして、心配していた幻覚は消えました。


先生が痙攣予防にと出してくれた薬がありますが、この薬のせいで眠気がひどいように思われます。
駄目だとわかっていますが、しかし、尋常じゃないこの眠気のせいで、足腰が弱るほどに寝てしまうので、あたしの判断で飲ませていません。

明日は、父の診察日、先生に薬のこと、やめていいか確認です。
[PR]
# by jownyanko | 2011-05-26 23:21 | 出来事

退院しました

昨晩、急遽、退院しました。
病院でかなり幻覚をみて、大変で、自宅の方が環境が良いだろうと。
20分おきに病院では父が起き上がり、あたしは寝られたものでは無く、これが続くのかと参っていました。
自宅の方が確かに落ち着いていて、かなりマトモに戻りました。
まずは、報告まで。
[PR]
# by jownyanko | 2011-05-25 00:41 | わかんない

二日目

いま、また、病院に来ていますが、、、ちょっと変です。

今迄は病院にいる事をはっきりと理解していたのに、今は自宅にいるつもりでパソコンしたいとか、言い始めました。
点滴も勝手に抜いたりしているようです。

クスリのせい?かどうかわかりませんが、夢うつつで、少しこわいです。

母と違って、今までの父は認知症を思わせる所は無く、このような状態はある意味、母よりもあたしに打撃を与えます。

血圧は高く、病院に来て以来、脈拍は100を超えています。

まだ道筋が見えず、ふあんです。
[PR]
# by jownyanko | 2011-05-22 18:42 | わかんない

病院にて

あたしは、また、病院にいます。
母が転院する前の病院です。

今日の三時頃、父が体調不良を訴え、救急でみてもらいました。

左上方ばかりをみて、目が空を泳いでいました。
病院につく少し前、車の中で父は大きな痙攣発作をおこしました。

あらたな脳梗塞ではないと思われますが、今、不安で不安で、何かしてないと、怖いんです。


あぁ、よくなりますように。
[PR]
# by jownyanko | 2011-05-21 23:34 | わかんない

母の誕生日

4月29日

今日は 母の72歳の誕生日です。
病室の名前の横にある年齢も、今日、72歳に書き換えてもらいました。

朝から子供たちとダーリンと父と一緒に病室に行き、おめでとうを伝え、子供たちと一緒にハッピーバースディの歌を贈りました。


不思議なもので、ほとんど表情の変化のない母なのに、歌を歌い終われば、口角が若干上がっているように見えました。

それから、あーちゃんの三匹の子豚の歌を聞かせました。
あーちゃんの歌が終わると、少し驚いたようなびっくりしたような感心したような、そんな表情でした。


はじめに入院した病院でも、今の病院でも、看護婦さんたちは、耳は聞こえてるみたいですよと口々に言ってくれるのです。
それは私ももちろん感じています。

母に、あたしの声、聞こえてる?と聞けば、口や瞼がわずかに動き、足がわさわさっと動いたりします。




あたしには兄弟姉妹がいないので、同じ心境で同じように心配をする人がいません。
本当の意味で、心の中を吐露できるかといえば、多分、旦那にもできないのですが、、、

叔母がときどき、心配をしてメールをくれたりします。
母が元気なころしか知らない、遠く離れた関東に住む叔母です。

大丈夫、きっといい方向に進むよ、
初めはその言葉が辛いと思いませんでした。

でも、今はそれがとても空々しく聞こえ、
状態も良く聞かないで無責任にそんな言葉を投げないでと、、、
そう思ってしまうんです。


母が肺炎を起こしていると聞いたのはおとといのことでした。
熱は下がっていますが、血圧は今、100を超えることはほとんどありません。

徐々に体力が落ちていくのを目の当たりにしているあたしにとって
大丈夫、よくなるよという言葉は、慰めにはなりませんでした。

一刻一刻、弱っていく母の状態を受け止めることは、泣くまいと思っても涙があふれるし
いい方向に行くだなんて、それは奇跡。

血のつながりのある叔母に、甘えていたのかなぁ。
せめて叔母には今の状況を一緒に受け止め、現実を見ないような言葉をかけてほしくなかった、
そういうことなんだと思います。


叔母がくれたメールには数ヶ月前に自分も肺炎を起こして入院したけれど、点滴を長い間うけておさまったのだから、大丈夫、きっといい治療をしてくれますよ、とありました。

たびたび、気を使って子供たちにもお菓子を贈ってくれたりするいい叔母です。


その叔母に、

おばちゃん、
おばちゃんと同じような、そんな状況じゃないんだよ

と返信しました。


心配をありがとう、とそれだけ返せば良かったのになと思います。
また、あたしの気持ちを押しつけてしまったなと、後悔です。
[PR]
# by jownyanko | 2011-04-29 23:34 | 出来事

おしい!

日本語としては間違ってないと思うんだけどなぁ。
e0181372_22472136.jpg

[PR]
# by jownyanko | 2011-04-27 22:47 | こども

日本が短いと

e0181372_2244427.jpg
ついつい 頭の中で 翻訳しちゃうんです
[PR]
# by jownyanko | 2011-04-27 22:45 | こども